Rita Joe Song Project


リタ・ジョーは自伝の中で、先住民の若者に声を見つけ、物語を共有し、才能を祝うように促しています。このアイデアに触発されて、カナダの5つのコミュニティの教師と生徒に、リタ・ジョーの詩Iの解釈に基づいて曲を作成するよう依頼しました。 Lost My Talkと、それがコミュニティにとって持つ意味。教師とゲストアーティストの助けを借りて、これらの若者グループはそれぞれ、NACに自分たちが作成した曲のプロ品質のオーディオ録音とミュージックビデオを送信します。これらの作品は、2016年1月に、リタ・ジョーの詩に基づいたジョン・エスタシオの新作「スピリット・プリヴェイルズ」(「スピリットの勝利」)の初演と併せて発表されます。

Kalolin Johnson - Gentle Warrior (featuring Devon Paul and Thunder Herney)
ジェントルウォリアーは、カナダのケープブレトン島エスカソニにあるアリソンバーナードメモリアル高校の生徒とスタッフによって、ミクマクの詩人とエスカソニ出身のリタジョーに敬意を表して書かれました。トラックには、カロリン・ジョンソンによるリードボーカル、デボン・ポールのラップ・スタイリング、サンダー・ハーニーによるパウワウのチャンティングが含まれています。ジェントルウォリアーは、カナダ国立芸術センターの支援を受けて作成されました。

Emma Stevens - My Unama'ki (My Cape Breton)
「マイウナマキ」は、カナダのノバスコシア州ケープブレトン(ウナマキ)にあるアリソンバーナード記念高校の生徒とスタッフが書いたケープブレトン島のラブソングです。私のウナマキはリードボーカルをフィーチャーしています。エマ・スティーブンス(9年生)による、キーオナ・マーシャル(10年生)とカイリー・フランシス(12年生)のサポートボーカル。ダレン・スティーブンスのスポークン・ワード。「My Unama\u0027ki」には、故エスカソニのフィドル奏者兼作曲家のリー・クレモによるフィドル曲「ConstitutionalBreakdown」も収録されています。 「マイウナマキ」の売り上げはすべて、「アリソンバーナード記念高校」のアートプログラムの利益のためになります。

Kalolin Johnson - We Shall Remain (It Wasn't Taken Away)
「WeShallRemain」は、カナダのノバスコシア州ケープブレトンのエスカソニにある「アリソンバーナード記念高校」の「ABMHSソングプロジェクト」の第2弾です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック