聖地と地質

諏訪大社しかり、宇佐八幡しかり、中央構造線やフォッサマグナの上に聖地がたくさんある

中央構造線上に熊野も伊勢も豊川稲荷も、それから聖地とされる祖国の石鎚山とか、九州の阿蘇山なんか全部乗っているのは偶然とは思えないですから。地質学的には不安定なんだけど、鉱物資源が一番豊富な場所でもあります

「日本人にとって聖地とは何か」内田樹、釈撤宗、茂木健一郎、高島幸次、植島啓司 2019年 より。こういう大きなホラ話の対談は楽しい。-------多年、聖地巡礼を実践してきた内田樹と釈徹宗が、3名の碩学と争った聖地論争。脳科学、歴史学、宗教人類学の視点から「日本人と聖地」の関係性を探る!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック