ベラルーシの歌

雨のベラルーシ /小室等

Belarusian Girl - Angelina Pipper (+translation)
ベラルーシには、(チェルノブイリの)放射能を帯びた風を最もひどく受けたウクライナに接する地区がある。そこでは市民たちが疑惑の選挙とその後の政府の取り締まりの強化に対して抗議を続けている。抗議者たちは紅白の民族衣装を黒色と黄色の服に着替えて、チェルノブイリの暗黒の記念日を祝った。「この女性たちは普段は紅白の服を着て街を歩いていますが、チェルノブイリ原発の大惨事の犠牲者を悼んで服と傘の色を変えました。そしてチェルノブイリ住民と原発事故の除染作業員たちが移住させられた首都のビル群のひとつの前を練り歩いたのです。」April 26, 2021
チェルノブイリ原発はウクライナに位置するが、事故で出た放射性物質の半分以上は隣国ベラルーシに降り注いだ。ルカシェンコ氏は2011年、福島第一原発事故の最中にロシア製原発の導入を決めた。
昨日のニュース
(バイデン大統領は、)ベラルーシにロシア軍がとどまることを受け、ベラルーシに近いバルト3国の防衛強化のために、すでにヨーロッパに駐留しているアメリカ軍の移動を認めたことを明らかにしました。
-------------
チェルノブイリの近くで、戦争を始めるって、石棺を吹き飛ばすつもりだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック