謎の出生数の減少

9月2日の日本学術会議学術フォーラムを視聴していて気になる話があった。
「コロナ禍を共に生きる#8ーコロナパンデミックが顕在化させた「働くこと」の諸課題は人口問題にどう影響するか?」
新型コロナ下では出生数が減少していることは理解できるが、実はその前の2018年4月に予想を超える出生率の減少があり、その理由は不明とのことであった。
2017年には出生率を減少させるような出来事は思い当らないとのことであったが、一体2017年に何が起ったのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック