ミニコンサート

10月8日
イオン発寒店のafternoon concert
能登谷安紀子(ヴァイオリン)と中島杏子(チェロ)のVirtuRose(デュオユニット)東京藝術大学在学中より共演。「VirtuRose」には《ヴィルトゥオーソ》と《薔薇》の意が込められている。クラシックを中心に多彩なジャンルの楽曲や能登谷 安紀子による自作曲をレパートリーとし、各地で演奏活動を行う。

能登谷 安紀子(ヴァイオリン) のとや あきこ
幅広いレパートリーのヴァイオリン演奏に加え、ヴァイオリンの技巧を生かした曲や北海道の自然をテーマにした曲を作曲。ソロ、室内楽、オーケストラ演奏の他、作曲・編曲活動等各地で活動。

中島 杏子(チェロ) なかじま きょうこ
北海道内で主にソロ、室内楽の分野での演奏活動に加え、コンサートの主催・出演・レクチャーの他、アウトリーチ等を行う。現在、エルム楽器講師、札幌大谷大学芸術学部音楽学科非常勤講師。

二人とも実力派で、特にヴァイオリンの響きが特に素晴しかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック