札響

10月23日、当日のスマイル券を買ってキタラ大会場に入る。
曲目
メンデルスゾーン 序曲「静かな海と楽しい航海」
C. P. E. バッハ チェロ協奏曲イ長調
ハイドン ミサ曲ハ長調「戦時のミサ」
-------------
指揮 / マティアス・バーメルト
チェロ / 佐藤 晴真
ソプラノ / 安井 陽子
メゾソプラノ / 山下 牧子
テノール / 櫻田 亮
バリトン / 甲斐 栄次郎
合唱 / 札響合唱団

曲目はロシアのウクライナ侵略が始る前に決められていたらしい。「戦時のミサ」はナポレオンがオーストリアへ侵略してきた年に作曲されている。戦争への恐怖と平和への強い願いが込められているためか、予想以上に観客が多かった。合唱団のすぐ後ろの席で聞いていたが、なかなか迫力があった。指揮者のバーメルトさんは80歳になるらしいが、まだまだ元気そうだ。
キタラのある中島公園は秋の気配が漂い、多くのカメラマンが撮影に夢中だった。
IMG_0018.JPGIMG_0009.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック