金子みすゞ展

札響の後、同じ中島公園にある北海道文学館の「金子みすゞの世界」を見る。
金子みすゞは1930年に26歳で亡くなった童謡詩人で生涯で512編の童謡を作成した。現在では13カ国語に翻訳されている。
最終日のためか、入場者が多い。1時間も金子みすゞに浸っていると、だんだん金子みすゞが好きになってきた。
misuzuキャプチャ.PNG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック