浦島太郎の歌

Coleção Rosa Miyake - 三宅ローザ
1968年  作詞坂尾秀矩 作曲アルキメデスメシーナ 歌三宅ローザ →歌(航空会社のコマーシャルソングだが、カーニバルでも歌われヒットした)
ローザ ミヤケ、芸名ローザ ヨチコ ミヤケ オクハラ キョウマッサ (1945 年 3 月 15 日生まれ) は、日系ブラジル人の元テレビ司会者、歌手、女優です。彼女は日本音楽の歌手としてキャリアをスタートさせ、才能とエキゾチックな美しさの両方でサンパウロで大成功を収めました。 Jovem Guarda が全盛期だった 1960 年代、彼のレパートリーは一般的に若い聴衆に届くように努め、日系ブラジル人の聴衆のニッチを離れました。 Rádio Santo Amaro と Astrophone レーベルのパートナーである Koei と Mario Okuhara は喜んで、Rosa に彼らの歌を歌うように勧めました。しかし、その最大の全国的な成功は、航空会社ヴァリグがリオデジャネイロと東京間の最初の直行便を宣伝するために作成した広告で使用された浦島太郎のジングルでした.彼女の声はブラジル全土で知られるようになりましたが、国のごく一部だけが歌手として知られていました. Rosa は、永遠の兄弟である Koei と Mario Okuhara のレーベル Chantecler と Astrophone から LP をリリースしました。
彼女は、1967 年 1 月にテレビ トゥピで初演されたソープ オペラよしこ、um Poema de Amor の主役女優でした。Rosa は、よしこというキャラクターを演じました。
曲順 浦島太郎・お友達の恋人を・さようなら

この歌は「ブラジル日報」の記事から知りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック