フィンランドのヤァラルホーン

ヤァラルホーン(Gjallarhorn)はフィンランド民族音楽に根底を持つ1994年結成の4人組ワールドミュージックバンド。中世のバラードやミヌエット、ルーン韻律の祈祷や古代アイスランドのリームルなどの古代からの伝統民族音楽を現在的手法で歌う。
ギャラルホルンは北欧神話に登場する角笛のこと。

Gjallarhorn - I Riden Så (Ye Ride So Carefully)
歌は古い異教徒のシンボルでいっぱいです: 木立は異教徒にとって自然な寺院でした. 灰色の馬は死のメタファーです。 (木立から)教会に乗って、フレイアに洗礼を授けるという話があります。 古い宗教と新しい宗教の間の移行は遅く、しばしば混乱を招き、その後何世紀にもわたって民俗学や民謡にその痕跡をはっきりと残しました.

Gjallarhorn - Hymn (live in the studio)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック